不動産売却TOP> 契約形態

契約形態について

不動産会社に不動産売却を依頼する場合は、必ず「媒介契約」を結びます。
媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があり、どれにするかは依頼者が選びます。
このうち、専属専任媒介契約・専任媒介契約のふたつについては、宅地建物取引業法により、指定流通機構(REINS)への登録が義務付けられています。
なお、宅地建物取引業法では、媒介契約書を依頼者に交付することを定めています。

媒介契約の種類

  • 専属専任媒介契約
    特定の不動産会社に売却を依頼し、他の不動産業者に重ねて依頼することはできません。不動産会社は、依頼主に対して、1週間に1回以上、売却活動の状況を報告する義務があります。また依頼主は、自分で購入希望者を見つけることができません。
  • 専任媒介契約
    「専属専任媒介契約」と同じく特定の不動産業者のみに売却を依頼する契約です。不動産会社は依頼主に2週間に1回以上、売却の状況を報告する義務があります。専属専任媒介契約と違い依頼主は自分で購入希望者を見つけることも可能です。
  • 一般媒介契約
    複数の不動産会社に売却を依頼することができる契約です。
    不動産会社に報告義務はなく、依頼主も自分で購入希望者を見つけることも可能です。

不動産買取、不動産売却、不動産一括査定の成功の秘訣

不動産売却を成功させるには、不動産の売却を急いでいるのか?不動産売却を急いでいないのか?も重要な要素の一つとなってきます。まず、いろいろな業者に不動産査定を申し込むのが、一番高く不動産売却される要素でしょう。しかし、不動産買取を急いでいるなら、不動産買取業者に頼むしかないでしょう。また、急いでいないのなら不動産売却の仲介業者に頼み、一番丁寧に図面をつくってくれて、親身にいろいろ広告をかけてくれる不動産売却業者に頼んでおいたほうが良いでしょう。