不動産売却TOP> 契約までの流れ

不動産査定から売却までの流れ

  1. 不動産会社へ一括査定を依頼
    必要なお客様情報やご要望、不動産物件情報を入力し、お申し込みフォームより査定を依頼します。
    査定対象不動産会社が独自の調査や市場価格などをもとに机上査定を致します。
    より具体的な査定価格をお求めであれば、訪問査定も可能です。(不動産会社様によって異なります。)
  2. 不動産会社を決定して媒介契約を結ぶ
    あなたの納得のいく査定価格を提示した不動産会社と媒介契約を結びます。
    媒介契約は数種類ございます。不動産会社様とお話し合いの上、決まります。
    詳しくは、契約形態についてをご参照ください。
  3. 物件を売り出して売却活動を開始する
    一般的に、契約の数日後から広告などにより買い主探しが始まります。
    不動産会社によって、どのような売却活動が得意かはそれぞれ違います。契約前にじっくり聞いておくことが大切です。
    物件に関心のある方を不動産会社の担当者が連れてきてくれるのもこのタイミングです。
  4. 価格交渉
    買い主様との価格交渉は、直接交渉を行うとトラブルが発生したり、思わぬ損をしてしまうこともあります。
    基本的には不動産会社の担当者を介して交渉が行われるのが基本です。
  5. 売買の契約と物件の引渡し
    価格交渉が終了すると、契約を結び売買成立となります。このとき注意したいのが、買い主はローンを組むケースが多く、買い主のローンが不成立の場合は白紙解約を特約をつけることが慣行をなっています。
    通常、残金決済と物件の引渡しは同時となります。

不動産買取、不動産売却、不動産一括査定の成功の秘訣

不動産売却を成功させるには、不動産の売却を急いでいるのか?不動産売却を急いでいないのか?も重要な要素の一つとなってきます。まず、いろいろな業者に不動産査定を申し込むのが、一番高く不動産売却される要素でしょう。しかし、不動産買取を急いでいるなら、不動産買取業者に頼むしかないでしょう。また、急いでいないのなら不動産売却の仲介業者に頼み、一番丁寧に図面をつくってくれて、親身にいろいろ広告をかけてくれる不動産売却業者に頼んでおいたほうが良いでしょう。